[Swift3] Firebaseを使ってDeviceToken(デバイストークン)を取得する方法

アプリ内でプッシュ機能を実装するときに必ず必要になってくるデバイストークンですが、取得の仕方を誤るとFCMなどからプッシュを送るときに失敗してしまうので注意が必要です。プッシュを送るときにinvalidregistrationというエラーが出ている方は、プッシュの配信側の問題ではなくデバイストークンの取得方法が誤っていることがあるので見直してみるとよいでしょう。

デバイストークンの取得の方法は検索すると色々出てくると思いますが、その通りにやってもうまくいかないことがあります。SwiftのバージョンやらFirebaseのバージョンによって実装方法が異なってくることがあるので、自分の環境にあった方法を採用しないと必ずはまります。以下の方法はSwift3で動作確認済みです。

AppDelegateに記載します

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です