Swift3でParse Serverを使うときはself.registerSubclass()は不要

Swift2からSwift3へ環境の再構築を行うときにParseのデータオブジェクトクラスの扱いでちょっとハマったのでメモしておきます。

Swift2ではこう書いていた箇所がSwift3では使えなくなります。

いろいろ試行錯誤していたのですが、Swift3ではサブクラス登録を自動的にしてくれるので上記のような記載は不要ということがわかりました。
これだけで十分です。delegateの関係でinitialize()は残していますが、self.registerSubclass()はロードしなくても問題なく使えました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です