AJPC2017東京予選に出場しました。やはり鬼門のAJで終了。

8/5土曜日に平和島にて全日本ポーカー選手権東京予選に参加してきました。この予選、何回か参加していますが今年は過去最速での退場になりました!悲しいですね。キャッシュゲームならば、良い手が入るまでひたすら耐え忍ぶことが良しとされますが、トーナメントとなるとそうはいかない。結構なハンドプレイして、一度もAがこないような状況で苛立ちが重なっていたところ待望のAJがきて調子に乗りすぎました。

AJでオープンレイズしたところ、callしてくるプレイヤーが。とりあえずコンティニュエーションベットしてみたものの降りる気配がない。もともとスタックが少なくポットコミットしてしまったのでオールインしたところ、相手に弱いペアができておりあっさり終了。なんだか面白くない終わり方でした。だめな時はあんま無理をしないほうがいいのですがちょっと熱くなってしまい残念でした。

そしてよくテキサスホールデムの本には書いてあるのですが、AJは決して強い手ではないし、自分より強いハンドを持っている人はいる可能性は十分にあるのでオープンレイズにコールされたなら大人しく降りるのが正解でしたね。今回は86みたいなハンドでなぜかコールされてやられてしまいましたが、それはまあ結果論です。たまにはソウルのウォーカーヒルにでも行ってトーナメント参加したいな。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です