【レビュー】コンセントから直充電可能なモバイルバッテリーであるAnker PowerCore Fusion 5000が優秀すぎる

Anker PowerCore Fusion 5000はあまりに優秀。一つ持っていると安心でしょう

スマホを使い続けているとどうしても問題になってくるのが電池がすぐに切れてしまうという問題があります。朝どんなにフル充電で家を出ても、朝電車に乗っているうちにどんどん電池は減り続け、昼前にはほぼ電池切れということもざらにあります。

そうした状況を解決するにはモバイルバッテリーを持ち歩くことが必須になってくるわけですが、いかんせんモバイルバッテリー自体を充電するのが大変面倒なんですよね。コンセントにUSB端子の変換プラグを差して、そこからマイクロUSBのコードを経てモバイルバッテリーに充電というのが一般的なフローではないでしょうか。

完全なる全部入り充電器

そうしたフローを全て吹っ飛ばして一つのアイテムに落とし込んだのがAnker PowerCore Fusion 5000です。直接コンセントに差し込めるし、それ自体が充電器になっているという素晴らしいコンセプトです。これならモバイルバッテリーの充電を忘れることはないし、在宅時の充電器として使えば常にバッテリーは満タンに保たれます。

やや重量があるものの気になるレベルではない

重量:約189g

私の使っているiPhone6の重さが129gだということを考えるとやや重いです。また通常のモバイルバッテリーと比較しても容量に比べて重いです。それはやはり充電用のアダプタとバッテリーが兼用になっているという構造のため仕方ないのかなと思います。そういうネガティブ要因はあるものの、そうしたところが気にならないほどに魅力的な製品かと思います。

旅行に便利

旅行や帰省のときは充電用のアダプタを持っていく必要があると同時に、移動に時間がかかる場合があるので両者が一つにまとまったAnker PowerCore Fusion 5000は完全に便利です。

サイズ:約72 x 70 x 31mm

そこそこかさばる大きさではあるものの、重量同様そんなに気になる話ではありません。

自宅にいても便利

コンセントで充電しながら使うのも良いし、コンセントの届かない場所に移動しながら充電したいときは本体だけを持ち歩けばいいのは何気に楽です。ソファにゴロゴロしながら充電して、スマホが十分に充電されたらAnker PowerCore Fusion 5000をコンセントに戻すという運用は安定感があっておすすめです。

価格も2500円程度と安いので気になる方は購入しましょう

結構品薄になっているのでもしすぐに手に入るようなら購入することをおすすめします。本当便利です。

Amazonで確認する

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です