【レビュー】ジョギング中に外の音が聞こえて安全なイヤホン「Plantronics(プラントロニクス) BackBeat Fit」をおすすめする理由

最近よくジョギングをするのですが、週に3回も4回も走っていると段々と暇になってくるんですよね。5kmくらいなら30分程度ですが、10kmともなると60分はただひたすらに走ることになり、それを繰り返すとジョギング自体が苦痛になってくるというリスクがあります。

ジョギング中音楽を聴くのは危険?

ジョギング中音楽を聴いて外音が何も聞こえないというのはいうまでもなく危険です。自動車との交通事故のリスクが高まるのはもちろん、背後から迫って来る自転車やランナーに気づかず接触ということもあります。なので、私は今までジョギング中はイヤホンを着用することはありませんでした。

 

カナル型のイヤホンはジョギングに不向き

よくあるタイプでカナル型というのがあるのですが、耳への遮音性が高く音楽がダイレクトに伝わるので人気です。デスクワークなどをするときには周りの音が遮断されて音楽に没頭できるので最高ですが、ジョギングのように外で活動するには向かないと思います。それこそ周りの音を拾えないことで交通事故リスクが高まります。

 

遮音性の低いイヤホンなら問題ない

一方で耳を塞がないタイプのイヤホンも存在します。インイヤータイプといって、耳にイヤホンを引っ掛けて「耳の近くで音を出す」タイプのイヤホンです。このタイプの場合、外の音を拾えるためカナル型イヤホンに比べて大幅にジョギング時の安全性がアップします。

 

Plantronics(プラントロニクス) BackBeat Fitが最高だった

耳にイヤホンをかけるといっても結局イヤホンだし、音楽を鳴らしたらカナル型と同じだろう?と半信半疑の中購入してみましたが、良い意味で期待は裏切られました。イヤホンを着用しているのに、着用していないかのような新しい体験。耳元でスピーカーから音楽が再生されるような、カナル型のような圧迫感もなく、なんとも不思議な体験でした。頭のすぐ近くのちょうどいい場所にスピーカーがあるようなそんな感じです。

それでいて外の音は不思議と聞こえます。ジョギング中横を車が通れば車の音で音楽はほぼ聞こえなくなりますし、後ろから自転車が迫ってくれば気配を感じることができるほどです。つまり、いい感じに音楽は聞こえているものの、日常の動作を妨げないという絶妙な立ち位置を演出しています。また良いコーデックに対応しているためか、音の遅延もなくストレスフリーでした。

Amazonで調べる

 

10kmくらい走る分には耳が痛くなることはなかった

とりあえずBackBeat Fitを着用して10kmほど走ってみたのですがとても着用感がよく耳が痛くなることはありませんでした。運動するときに着用することを前提に設計されているのか想像以上に違和感なし。カナル型と違って、耳の穴に押し込められる感覚がないためかすごい自然な感じです。また走ってもずれることはなく走行中に外れるということはそうそうないのではないかと思います。多分10km以上走っても問題ないんじゃないかなって感じはありますね。

 

値段はやや高いが良い投資になると思います

Amazonに数千円程度のbluetoothイヤホンが多数出品されていてジョギング時に使おうと、値段につられて購入してしまったことがあるんです。レビューの評価も高いし値段も安いし最高じゃんと思って使ってみたら、作りがしょぼかったり、あれを耳に入れて走ったら紛失するだろうみたいな感じで、まさに安かろう悪かろうの世界でした。今思うと、異様に高評価なレビューが並んでいるのも不自然なくらいで、完全に痛い目をみました。

そういう意味ではBackBeat Fitのようなちゃんとしたスポーツ向け製品は信頼できます。最初から買っておけばよかったと思ったので、今回記事にまとめてみました。ジョギング中のイヤホンを探している方がいれば迷わずおすすめします。

Amazonで調べる

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です